韓国の英語教育

 

 韓国は国をあげて英語教育の必修化や、英語教育に充てる予算の増加など、教育制度の改革を進めています。

1997年に小学校3年生から英語教育がスタートされ、2008年からは小学校1年生から必修化となりました。

その成果は、韓国の小学校6年生で日本の中学2年レベルを終了するというデータからも窺えます。

 

 韓国社会がグローバルエリートを多く輩出し、世界の舞台で活躍する人材を育成するための取り組みが、英語教育において行われています。韓国の高校生は、ハーバード大学やイェール大学などの世界的に名だたる大学に進学することを目指しており、英語教育に力を入れています。

また、大学生は世界のトップ企業に就職するための英語力を身につけるため、英語教育に熱心に取り組んでいます。

 

なぜ韓国で英語を学ぶのか?

 

 日本と韓国は文化的な交流が盛んであり、音楽、映画、アニメ、マンガなどの文化コンテンツが相互に影響を与え合っています。英語を学ぶことで、両国の文化に触れる機会が増え、文化交流を深めることができます。

 

 今ではオンライン英会話や英会話教室など国内で学べる機会も多くなっていますが、実際に海外に足を運んで英語を学ぶことで、より多くの異文化を体験して、国際的な視野を広げることができます。また、韓国は日本と地理的に近く、日本から飛行機に乗ればおよそ2時間で韓国に着きます。そのため欧州やアメリカ、カナダと比較すると安価に海外留学体験が可能です。

 

 日本と韓国は文化的なつながりが深く、特に現在は双方の中高生がお互いに関心を持ち、両国間の文化的交流を活発化させ、友好関係を築く土台となっています。

文化的な交流があり、ノンネイティブで革新的な英語教育を行っている韓国で英語を学んでみませんか?

 

現在申込予約を受付中!

詳細は、オンライン説明会にてご案内いたします。